• 2017.7.17
  • 小っちゃい手でギターを弾く はコメントを受け付けていません

小っちゃい手でギターを弾く

外でギター弾くけど 電源は引いてないって意味ないやんー

私が今気になってる宇治在住の岡崎体育さんの曲を聴きながら、自分もギターを引っ張りだしてきました。

久しぶりなので、チューニングからしないといけないんですけど、吹奏楽部の子供がチューナーを持ち出していたので、なんとなーく記憶をもとに合わせました。いい加減ですね。

小さい頃友達の家にギターがあって、弾けないけどいつもはじめに6弦順番に鳴らしてから遊ぶのが習慣だったので音は何となく覚えているんです。

結局、しばらくはピアノを習っていたのですが、高校でクラシックギターを始めてまた興味を持つんですが、受験とかでそれっきりになっていました。

スポンサーリンク

 

アコースティックギターをやってみたくなったのはほんの数年前でちょうど草彅剛さんもギターをはじめた時でとても刺激になりました。

でも、やっぱりプロ意識高いわ草彅さん、どんどん上達していってしまい私はずーっとFコードの壁に苦しんでいました。

ギターもずっと楽器はヤマハだったので迷わずヤマハのでっかいギターにしてしまいネックが太いのがネックです。手が・・・手が・・・しんどい~。

手が小さいから無理なのかなと思いましたが手が小さいのは関係ないそうです。確かに体の大きい人が超デカいギターなんか持ってないし。要はネックの厚みで選べばよかったんですよね。今度はネックの厚みに気を付けてギターを選びたいと思います。

 

もっと上達したらエレキギター欲しいなあ。Fが何とかできるようになって今ひいてるのは

「北の国から」。

 

これに歌詞をつけてテスト勉強をしている子供の部屋へ行き、

♪物理~わからへん~、古典~わからへん~

と弾き語りしてめっちゃ怒られます。てか全然エレキギターの世界じゃないですけど。

 

ご覧いただきありがとうございますm(__)m

こちらからお問合せもどうぞ

関連記事

ページ上部へ戻る