• 2018.5.10
  • ブラックノートとホワイトノート はコメントを受け付けていません

ブラックノートとホワイトノート

100均へ行ったときに白い表紙のノートと黒い表紙のノートを見つけて使い道はその時点で考えてなかったけど買って帰りました。

帰宅してから白い表紙のノートは引き寄せノートにして黒い表紙のノートにはブラックな思考の自分を思いっきりぶつけるノートにしました。

ブラック&ホワイト。

ブラックな私もワクワクのホワイトな私もどっちも私ですので、とりあえず書き出してみようと思ったのでした。

たまたまその時ちょっとムカつく態度を私にしてくる人がいて、私も特にそうされる心当たりがなく、ただただターゲットが私なんだなという感じがしました。

大人の対応を心掛けていましたが(挨拶はちゃんとするとか)、相手はさっぱり無視で仏の私もさすがにちょっとムッとしてきました。

そこで、ブラックノートに相手への思いのたけを書きなぐりました。まあ出るわ出るわ、罵詈雑言が出ますよ、字も汚くて・・・。ひとしきり書くとなんかスッキリ。まあ結構なご立腹ですこと、オホホ。

そのあとタロットで相手の気持ちを聞いてみると・・・

 

                  OSHO禅タロット 大アルカナ 6 恋人たち

スポンサーリンク

 

「恋人たち」

恋人たちって・・・なんでやねーん!訳わからんやないかーい!確かに初めから仲が悪かったわけではなく、急にこんなぎこちないことになっているのです。わかるのは嫌いではないということ。何だろ?原因は何だろ?

カードをじーーーーーっと見てみる。

 

「何で話してくれへんの?」

 

そうだ、彼女に話していないことが実はありました。はっきりしたら話すつもりだったけどもう察してしまったのかもしれない。

 

後日、彼女とは元通りになりましたが、やっぱりカードと同じセリフを言われました。

 

ノートにはひどいこと書いてたけど、書いたことで私の気持ちが昇華されてその上カードからいろいろ知ることができたので、今はとてもいい関係です。

 

自分の気持ちを我慢せずにどこかにぶつけて溜め込まないほうがいいですね。私はブラックノートをもっと使うと思っていたけど、ホワイトの方がいーーーーーーーっぱい書いてる。そしてぼちぼち叶ってます。とりあえず年収1億も書いてます(笑)

 

 

ご覧いただきありがとうございますm(__)m

 

 

こちらからお問合せもどうぞ

関連記事

ページ上部へ戻る