キャベツと玉ねぎと大根おろしで血糖値を下げる

2型糖尿病の私、未だ投薬なしで食事のみで治療しているのですが同じ糖尿病の友人や母から聞いて食べ続けているものがあります。

まずはキャベツ。

キャベツを食事の前にゆっくりよく噛んで食べて満腹中枢を刺激させます。私が太った原因は早食いの大食いもあったので、これでドカ食いを防ぎます。食物繊維も豊富でたっぷり食べます。

 

次に玉ねぎ。

これで私の血糖値はグッと下がりました。母が試していた「玉ねぎ氷」を自分も作ってお味噌汁にいれたり、煮物に使ったりそのままお湯で割って飲んだりしています。今はもっぱら「酢玉ねぎ」を作って食べています。

しかしながら玉ねぎには血糖値を上げるという人と下げるという人と両方いて、これには玉ねぎは意外と糖質が多く含まれているからなんですが、私が思うには料理方法で変わってくるんじゃないかと思います。肉じゃがだと糖質は増えますし。食べすぎても大丈夫という人もいるなかで、私は1日半分の量を目安に食べています。人によっては上がる人もいますし、私みたいに日によって上がる時と下る時もあるので、血糖値を見ながら摂取されるのがいいです。でも私は玉ねぎは好きな野菜ですし、トータルでみると血糖値は下がったので常食してます。

 

そして・・newcomer・・大根おろし。

スポンサーリンク

 

これは、以前にヒーリングのセミナーで知り合った方が量子学を勉強されていて(量子学については勉強中)その方が教えてくれた医師でありヒーラーである小林健さんのブログで小林さんが大根おろしをよく食べていらっしゃるというのを読みました。大根おろしって薬味としてちょっとしか食べてませんでしたが、大根って炭水化物、脂質、タンパク質の3つを分解できる酵素を持ってるんです。全然大根役者じゃないですね。ただし、生で食べるのがいいので大根サラダとか大根おろしがいいんですね。加熱すると半分くらい消化酵素が死んじゃう。

糖尿人は膵臓が弱ってるので酵素を補ってくれる大根は助かりますね。

ただ、「辛い~!」でも辛み成分には抗菌作用があるので頑張って体のためにも食べます。

1ヶ月お試しで大根おろし食べてみました。お豆腐やお魚やハンバーグや何でもかけて食べて検診に行ったらHbA1cが6.3から6.0に下がってました。継続決定です。

 

本当はもっとストイックに制限されている方がほとんどで、私もそうすればもっと血糖値が下がるんだろうけど、今年は何でも楽しんでやることを優先させているので(都合よすぎ)そんな時期もあってもいいんじゃないかと先生とも話しています。

あと、職場でエイコラと力仕事してきます。運動も大事です。おばあちゃんになってもできる運動を探さないと。

 

 

ご覧いただきありがとうございますm(__)m

 

 

 

こちらからお問合せもどうぞ

関連記事

ページ上部へ戻る