• 2020.5.25
  • Compromise 妥協  ~OSHO禅タロット 虹の6~ はコメントを受け付けていません

Compromise 妥協  ~OSHO禅タロット 虹の6~

歌舞伎役者のような二人。OSHO禅タロットの解説書によると、「日本の調停では従僕は些細な罪を置かした罪人で去勢されていているものの中から選ばれることがよくあった」とあります。朝廷のことを知り尽くして陰で権力をふるっていたそうです。

 

自分の思いとは裏腹に表向きは従順に振舞って半ば妥協したように見えます。

カードの中の人物の手をよく見ると手を取り合っているようで本当は小指しか繋がっていません。仲良さげに見えて、実は何となくお互い付き合っているような様子ですね。

去勢して自分を抑えてまで権力やお金のために何かに尽くすっているのは果たして幸せなのでしょうか。

 

私がこのカードを引いた時は「パートを辞めようかどうしようか・・・」という時でした。パートを辞めて占い一本でやっていこうか・・。

やっていきたい気持ちはあるのですが、あんなに辞めたかったパートに真剣に向き合えと当時カードのアドバイス通りにしたら逆に楽しくなってしまっていました。働きやすいシフトに変えてもらってパートにたいしては不満はなくなっていました。

 

楽しくなった満足したということはもうダラダラ続けていても仕方ないのでは?自分のやりたい方向に向かっていくのが自分らしい生き方になるのではないか・・?

スポンサーリンク

 

このカードは何となくとか仕方なくとかそんな形で向き合っていることに対してきっぱり離れるかとことん向き合うかどちらかにしたほうがいい、中途半端な関係を辞めなさいという時にでてきます。嫌われたくなくて自分を抑えて周りに気を遣っている人もそうです。

 

 

そこで私はパートを

 

体力が続く限り続けることにしました(爆)

 

このブログも「いつかパートを辞めて好きなことして暮らしたい」というテーマで書いてたんですけど、パートもできてるし、占いの仕事もできてる。

なんか両立できる星回りみたいなんです。そういえば習い事もずっと掛け持ちしてたし。どちらも全力で悔いのないようにやって今をしっかり生きるというところに落ち着きました。

確かにパートの仕事はこの先大きく昇進することはないと思うけど、日々職場の中は変化しています。その変化の中を見られるのが楽しいですしね。

 

「本気で関わること」自分の気持ちにウソをつかないように。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

こちらからお問合せもどうぞ

関連記事

ページ上部へ戻る