• 2019.9.27
  • BEYOND ILLUSION 幻想を超えて~OSHO禅タロット はコメントを受け付けていません

BEYOND ILLUSION 幻想を超えて~OSHO禅タロット

 

私の「意味わからんカード」の中にしっかり入ってるこのカード。

このカードを引くとまず、「ゲッ!」と思ってしまうほど苦手なカードでした。

ところが、このカードの世界観を実際体験したことでわかるようになりました。

 

目を閉じた人、頭が割れて(割れてって・・・ちょっと言い方が)第6チャクラが開いているのです。これは内側に入っているということ。自分の内側を見つめているのです。

そして、黄色い蝶々は目の前にある問題を表しています。

つまり、目の前の問題は問題じゃないんだよということを表しています。

それに気が付くことによって、自分が知らなかった自分のことに気づく、または「自分って実はこんなすごい」ということ、想像を超えた成果やまだ見ぬ才能がありますよということを教えてくれているカードなのです。

 

私の場合、ちょっと自分とは合わないと感じている人がいたのですが、タロットでこのカードが出てなぜこの人を嫌だと思うのだろうと考えた時に、

この人は私と違って自由に会社を休んで旅行に行ったり、できないと人に任せたり、そんなことが責任感が邪魔してできない自分は嫉妬していたのだということに気づいたのです。

スポンサーリンク

その人が問題なのではなく、

「私も休んでどっか行きたい」「誰か手伝ってよ」という「私もこうしたい」と思っていた、でも伝えられないでいた。それに気づいたのだから伝えてみなさい、いいことが起きるから。

ということをこのカードは伝えていたのでした。

 

そして、後日思い切って連休とりたいと言ってみたところ、あっさり「いいよ!」ってあっけなく言ってもらった上に「有休いっぱいあるからこれから毎月どこかで有休とりな」って言ってもらったんです。

 

私にとってずっと「仕事が忙しいし、みんなも忙しいから休んだら迷惑かかってしまう」という考えは「幻想」だったのです。

 

それ以来このカードはちょっと好きなカードになりました。私の師匠も「このカードはあなたがまだ経験していない幸せが待っていますよっていうカードなのよ」と教えてくれたことも理由の一つです。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

こちらからお問合せもどうぞ

関連記事

ページ上部へ戻る